- 編み込み式松葉 仕掛けの作り方 -         へらぶな道中膝栗毛  

@2年前に 底釣りの仕掛けの記事を書いてから、たくさんの
アクセスがあり、中でも 編み込み式松葉の作り方と検索して
入って来られる方が非常に多かったので、今回 私なりの
編み込み式松葉の作り方を なるべく分かり易く、工夫して
記事を書いてみました。 松葉の作り方と 編み込み方だけに
限定して 製作方法を 細かく解説していきます。


画像




編み込み式松葉 仕掛けの作り方


 さて、今回は いつもとは ガラッと違う雰囲気で

真面目に 編み込み式松葉の仕掛け の作り方について

なるべく 見て分かり易い様に 他の道具を使って撮った

画像を見せながら、これから 編み込みを試してみたいと

思っている人達に 少しでも お役に立てる様、

この記事を作成しました。  



それでは 早速 作り方に 移っていきます。

まず、この編み込み式の仕掛けを作る際に

気を付けないと いけないのは、


 編み込む時に 道糸に 負担をかけずに編む

 どのくらいのテンションで編み込むのか 探る

この2点を 気にしながら 仕掛けを作っていきます。



 の解決策として、道糸への負担解消をする為に、

私はいつも 下の2つ目の画像にある ハサミの位置

先に編み込みをしてから、後でこの部分を二重ヨリ

仕上げておきます。  

つまり、編み込みで 負担の掛かった部分を

二重ヨリにして、これで強度を上げておいて

負担を減らしてしまおう という作戦をとる。



  最初に 穂先との接続部分を チチワで作る

   ( 仕掛けの道糸を 黒の木綿糸で解説 )

画像
                 8の字で結ぶ

画像
            ハサミ の部分で編み込みをする


二重ヨリにする長さは 15~20cm程で、

ヒゲは30cm ぐらいはあったほうがいいだろう。




  次に 松葉を道糸で作る ( 松葉を木綿糸で解説 )

   なるべく 仕掛けと 同じ太さの道糸を使用する。 

画像


画像
               実際は こんな感じ


 35~40cmの長さの道糸で 先端に小さなチチワを作り、

 道糸の両端を それぞれ 人差し指と 親指でつまみ、

 片方だけ 3回ねじれば 5cm程のヨリが出来るので

 ヨリが出来た 3cmのところで また8の字で結ぶ。

画像


画像


 ヨリの部分を接着剤 で固めてから 先端のチチワを

 切断して、また その切断した先端を 溶接する感じで

 ライターを遠火から当てていく。 ( 必ず 遠火で )

 松葉の長さは 2cm あれば十分だ! 




  作った松葉を 道糸に 編み込む

  ( 白い紐を 仕掛けの道糸として解説 )

画像


 まず、直径10cm程の輪を 道糸で作り、

  で作った 穂先との接続部で チチワにした場所に

 引張っても取れない様、作った輪をテープで留める。

 仕掛けの道糸も 引っ張られるので しっかり留める。 


画像


  で作った松葉の部分から 5cmずらして 道糸に結ぶ

画像

   ( 作った松葉を 赤い紐で解説 )

画像

 道糸に結んだ松葉の方を 輪に通してから 編み込む。

 編み込み方は、三つ編みと同じで、左右交互に 編む

 コツは、左右1回編む毎に 編み目を 上に詰める感じで

 間隔を詰めながら 編んでいくと 上手く出来る。 


   


画像

 編み目を 詰めながら編んでいく
画像

 松葉の部分まで編んだら 1度片結びで結ぶ
画像

 松葉から 4cm程 編んだら また1度片結びで結んでおく。
画像

画像

 あとは、8の字結びで .5cmほど 空けておいて結ぶ。

 1.5cm空けるのは、最後に 引っ張ると ちょうど

 納まるので空けておくこと。




  の編み込むテンションのかけ方というのは、

 実際にやってみないと 全く分からないので、とにかく

 不要になった 道糸で 最低5回は練習してから 仕掛けを

 作るのが1番いいだろう。


 編み込んだ松葉に ウキを付け、20回ほど 引っ張って

 みて、編み込みが ゆるまなければ OKだ。


 逆に、編み込んだ部分を 縮めて移動させる際に、

 スムーズに動かなければ テンションが強すぎる

 という事で、これは失敗である

画像

 ウキを付ければ こんな感じになる

 ウキより上は3cm程編み、ウキより下は4cm程編む


最後は 編み込んだ道糸の部分を 二重ヨリで閉じれば

編み込み式松葉の製作作業が全て終了で、

二重ヨリは 松葉を作る時と 全く同じ作業である。



という事なんです。

とにかく 初めて挑戦される方は、回数を重ねてから

本番に挑んでもらい 実釣で中断してしまわない様に

繰り返し練習して頂く事をおすすめします。

それでは 長くなりましたので この辺で失礼致します。


                            にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
                              にほんブログ村
ブログ掲示板愛知県


12・16不正選挙
リチャード・コシミズ
リチャード・コシミズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 12・16不正選挙 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

さすらい
2013年03月13日 21:10
あ~つまらん
何の笑いもナシかよ
ツインウッド8
2013年03月13日 21:32
今回は真剣にアクセス狙いですからね。あんまり変なコメント入れるなよ!
3つの袋
2013年03月14日 00:16
赤と白の紐とは考えましたね、色鮮やかでわかりやすいです。
さすらい
2013年03月14日 09:20
何回見ても あ~ つまらん
春日 太丸
2013年03月14日 16:43
なるほど そういう感じでやるんだ! でも、やっぱり遊動式のウキゴムでいいや
力玉のチカラ
2013年03月15日 21:52
米屋の回し者の3代目がとんでもない交渉に参加してまいやがった。米屋の51店舗目の店はこれで何もかも 本部の言われるがままにし搾取されまくるぞ。バカには分からん話しやろうけどね。
ツインウッド8
2013年03月16日 08:04
これからは釣りどころのはなしじゃなくなってきましたね。てれびなんてホント酷いもんだ
手作り派
2013年05月15日 18:02
編み込み式の作り方とても参考になりました。 最初挑戦した時は製作時間でもかなりのモノ(1時間位)でしたけど…何度か練習してる内にコツを掴んだのか普通に出来るようになれました。 冬場に使うなるべく細い繊細な仕掛け作りに役に立つだろうと満足してます。 市販されてるヤツを買ってしまえばいいだろ?と言ってしまえばそれ迄ですが… やっぱり自分自身の技術で作りきった仕掛けで釣れてくるモノに1つ違った感動を味わう事が出来るんだと思います。ですから仕掛け作りの深み、新たな発見、楽しさを皆さんにも感じて欲しいと思います。
ツインウッド8
2013年05月15日 20:54
手作り派さん
素敵なコメントありがとうごさいます。
私も釣行前の仕掛け作りが楽しみなので、いろいろ試しながら試行錯誤してやっています。さすがに道具までは手作りとはいきませんが、自分なりの楽しみの範囲でやっています。当方、かなりふざけたブログですので、たまに書いた真面目な記事に丁寧なコメントを頂いて、とても恐縮しております。この記事を参考にしていただければ、この上無い光栄です。どうもありがとうございました。手作り派さんも新しい発見を益々たくさん見つけられて釣りをさらに深く楽しまれる事を期待しております。
夢現
2016年06月20日 17:45
この2,3年 33万台のカウンターのままでござる。
おもしろいね!